知人が店員から、クソスマホを買わされていたが、原因がその知人のネトウヨ脳だった。

知人が店員さんから、ひどいスペックのスマホを買わされていたが、原因がその知人のネトウヨ脳だった。とある家電量販店の店員さんがどうして、知人にクソスマホをすすめたかわかった。

その知人の注文が、ネトウヨ脳のせいで「中国製は絶対ダメ!」だった。
そして、その知人のもう一つの注文が、「一番安いものヨロシク!」だった。

だからその店員さんは、日本製スマホをすすめるしかなかった……

安くて性能がいいスマホは大体海外のものだ……私のスマホのZenFone 3 Laser(ASUS中国)や、HUAWEI(HUAWEI中国)もダメとなると、残りは富士通とか京セラとかシャープになる。そこで一番安いやつを頼むとなると、それはひどいスペックスマホがすすめられるわけだ…..

ていうか、スマホ市場の約75%はサムスンだろォ!?

知人は、国際化ヘイトによる代償をもらったぜ……

小池知事には、リーダーシップが少し足りない

小池都知事が、日本の次期首相になるという噂を聞いた。

ふと思ったが、私は、安倍首相よりは反対だと思った。鳩山元首相よりはマシだが、あれはリーダーシップとは言わないと思う。小池知事 vs 石原前知事の様子を見て、小池都知事は、

罪を平気で他の人になすりつける。

勢いだけで物事を進めようとする。

別の無駄な問題を堀り起こして、考えるための時間稼ぎをしようとする。

これでは、日本が行き当たりばったりの国になってしまう。それよりはまだ、地味に活動していた前石原都知事やオバマのほうがマシだと思った。

プレゼンはいらない(Presentation is the Illusion)

私は学校内におけるプレゼン大会の発表に参加しました(そのプレゼン内容はここでは身バレを防ぐため一切明かしません)。その経験をそのまま箇条書きで書きます。

プレゼンを通して分かったこと(前提:1.審査員は学生と教員の両方です、2.プレゼン時間は15分です、3.それぞれチーム発表で競います。私チームは私含めて計3人です。)

●プレゼンは絶対に不要である。なぜなら、全内容を紙にして配ったほうが、内容を完璧に伝えることができるからである。
●プレゼンより、紙のほうが圧倒的に早く伝えられる。
●読むのと喋るのは全然違う。自分の先進的すぎる分かりづらい紙の内容を、実際に喋ってみたら、3.76倍うまく伝わっている感じがした。
●スライド数について、接続詞系スライドは入れないほうがいい。
●学生と甘い教員方は、プレゼンについて、内容ではなく、エンターテイメント性を求めている。これを大きく実感した。
●最初らへんに出たチームは、完全に不利だと実感した。どんなに素晴らしく発表しても、あとのところで完全に塗りつぶされる。これに圧倒的な実力差を付けることは不可能に近かった。
●衣装はかなり重要で、真面目な服装が絶対いい。立ち姿を大きく見せられるほど、それだけ有利になる。つまり、真面目で大きな衣装を着よう。ついでに特殊な衣装もOK(白衣等)
●セリフの完璧暗記は絶対に意味ない。なぜなら、セリフを暗記しながらだと、表現力を混ぜる余裕ができないからである。ただし、ある程度の暗記は必要である。なぜなら、表現する余裕ができないからである。
●暗記するとき、実際のスライドを見ながら、スライドの合間を意識したセリフを覚えなければならない。私の場合、プリントだけを見て覚えていたため、実際のスライドの画面を見ると、何のセリフか全く分からなくなった。
●写真は、クソでもいいので全スライドごとに必ず入れるべき。理由は私には分からなかった。
●セリフの合間に「えー」が出るときは、語彙力があふれていない証拠である。これは練習で解決できる。
●プレゼンの文字は、まとめだけでいい。なぜなら、細かい説明は短い時間ではまず理解できないからである。
●協力者はいたほうがいい。しかし、これはニュースキャスターの世界だけの話である。相方が課題に真面目でなければ成立しない。だから、協力者が中途半端になりそうならば、いないほうがいい。私見として、中途半端な協力者は、いる分だけ無駄に時間が延びる原因になっているようにしか見えなかった。
●審査員の覚悟が無い人は、審査基準を自身で事前に定めていないので、審査基準をコロコロ変えてくる。これにはどうしようもできない。
●学生に甘い教員は、学生の思考が伝播していた。
●審査内容は、プレゼン全体の納得感も含まれる。いかにたくさんの内容を伝えられるかだけではない。
●審査について、審査員と仲がいいほうがそれだけ有利になる。
●学生と、学生に甘い教員方は、プレゼン評価について、内容の質ではなく、エンターテイメント性を求めていた。
●私のテンション高めのプレゼンを暑苦しく思う学生が多いように感じた。嫉妬厨というわけではなく、真面目が無理って感じだった。

 

~~プレゼンの正しいり方とは~~~~~~~~~~

プレゼンの正しいあり方とは、プレゼン資料作成に全く時間をかけず、プレゼンとプリントを並行利用してプレゼン発表し、表現力向上のためのちょっとした暗記とカンニングペーパーを活用して、プレゼン内容に対して堅苦しくしないことです。

ご参考になっていただければ幸いです。

ブログ開設プロセスと、ブログ開設して思ったこと

私がブログ開設した際に悩んだことをそのまま書きました。これらがブログ開設のヒントになっていただければ幸いです。

1.ブログを開設しよう!

2.二者択一の、大手ブログレンタル(無料) or サーバー(結局約月950円)とドメイン(月108円)とブログ制作ソフトの開設(WordPressは無料)に悩む

3.ん?サーバーを借りる場合、A8.netに登録してからの自己アフィリエイト利用が得らしい。あと、ブログレンタルはアフィリエイト活動が許可されてないのと、理由不明なブログ一斉削除騒動が割りと起こる!?よって、サーバーを借りよう!

4.ロリポップ or Xサーバーかで悩むが、リスクを回避しようとすると、ロリポップとXサーバーの料金があまり変わらなかった。つまりどちらでもいい。私はXサーバーを選択。

5.サーバーとドメインとWordPressを一気に取得。取得の際に、様々な名付け(約10個)を命じられる。気が向いたらwixも考える。

6.状況把握

7.WordPressの使い方の確認

8.今ココ

ブログ開設の参考になっていただければ幸いです。